安全航海の手引き

2024/03/19

【今切口】 浜名湖への入り方

お客様からの問合せの多い浜名湖の入り口「今切口(いまぎれぐち)」の通り方と三番鉄橋の航路について記載します。

今切口は今から約500年程前、室町時代に起きたM8.9の地震と津波で砂洲が決壊してできたと言われ、現在では太平洋と浜名湖を繋ぐ航路として整備されています。
しかしながら潮の干満により、200m程しかない航路は最速7knot程度の潮流が起こり浜名湖からの下げ潮と太平洋の荒波とがぶつかって三角波も発生し難所となっています。
 

【今切口】 浜名湖への入り方

【今切口】 浜名湖への入り方

今切口の中央より西側部分は浅くなっている為、航路は東側半分となります。
画像の右(東)に赤い灯台が見えますが、そちら側を△印の通り入港する形となります。

 

今切口の波は下げ潮の時に高くなる傾向があります。潮汐表で確認していくと役立ちます。

▼下の図は舞阪港のサンプルです。

【今切口】 浜名湖への入り方

参考:海上保安庁潮汐情報

小型プレジャーボートは特に注意しましょう。

奥へ進むと中央に白い灯台が見えてきます。右に向かうと舞阪港、左に向かうと湖心部へ向かう航路となります。
今回はスズキマリーナへ向けて左へ向かいます。
 
【今切口】 浜名湖への入り方
白い灯台をすぎるともう浜名湖です。左手には海釣公園が見えます。
そのままJR東海道線の通称三番鉄橋に向かいます。
 
【今切口】 浜名湖への入り方
三番鉄橋に近づくと橋げたがたくさん見えますが、左側(西側)より2本目が航路です。
 
対向する他の船舶(横切り船や釣り船などにも)に注意して徐行しましょう。
桁の高さは水面から4mそこそこなのでFB艇などは高さに注意が必要です。
 
【今切口】 浜名湖への入り方
不安を感じたら鉄橋手前の西側に新居港がありますので、係留して対策を検討しましょう。
鉄橋を越えても航路以外は水深が浅い為、航路を熟知した者に水先案内を依頼するのが無難です。
 
※今回掲載の数値は概略です。 正式には海図等を参照願います。

『安全航海の手引き』記事一覧

スズキマリーナ浜名湖MENU

TOP 施設案内 艇置料 アクセス お問い合わせ

浜名湖·遠州灘ボート釣り情報

釣果情報 安全航海の手引き 浜名湖MAPフォトギャラリー

TOP